会社情報

ごあいさつ

菱栄金属株式会社は、熱間型鍛造方式により、自動車、農業機械、フォ−クリフト用の差動傘歯車(デファレンシャル・ベベルギヤ)及びスプロケット、クラッチ、一般傘歯車等、耐久性の高い製品を生産しています。

ベベルギヤの熱間型鍛造については長年に亘る豊富な高い技術力を蓄積しております。

高強度、高品質、低価格を追求されているお客様のご要望に対しては、全力でお応えしてまいります。

会社概要

平成30年7月1日現在

社名 菱栄金属株式会社
所在地 〒363-8510 埼玉県桶川市上日出谷1230番地
(日立金属株式会社 桶川工場構内)
TEL 048-786-1025
FAX 048-786-1008
設立 1972年10月(昭和47年10月)
資本金 25百万円(株式会社ハヤカワカンパニー100%出資)
従業員 99名
販売先
株式会社ハヤカワカンパニーを通じて各顧客へ販売
事業内容 精密鍛造品(主にベベルギヤ)の製造
取締役社長 米澤 登
関係会社 株式会社ハヤカワカンパニー
アロイ・テック株式会社
株式会社東京ロストワックス工業

精密鍛造事業沿革

1965年 三菱金属鉱業(株)(当時)と独社との技術提携により、
精密鍛造ベベルギヤの生産を開始
1975年 独自技術によりスパイラルベベルギヤの生産を開始
1978年 航空機用鍛造品の本格的な生産開始
1990年 社名が三菱マテリアル(株)となる
(三菱金属(株)と三菱鉱業セメント(株)が合併)
乗用車用ベベルギヤを本格的に生産開始
1993年 ISO9002取得(ISO9001に移行済)
1995年 インドに合弁会社(※SOPL社)を設立・技術供与
1998年 海外向けベベルギヤの量産及び輸出の開始
1999年 インド・※SOPL社が量産開始
2003年 製造部門が三菱マテリアル(株)から菱栄金属株式会社に全面移管される
2005年 現地メーカーとの提携により、タイに事業展開を開始
2009年 ISO/TS16949取得(2015年返納済)
2017年 ISO14001取得
 

※SBPL社(現在)

会社略歴

1972年 菱栄金属株式会社設立(※三菱マテリアル(株)桶川製作所(当時)構内)
1996年 精密鍛造品の梱包出荷業務を開始
1998年 金型を含む機械加工部門が、※三菱マテリアル(株)桶川製作所(当時)より移管
2003年 精密鍛造事業の全面移管
(技術、鍛造部門が※三菱マテリアル(株)桶川製作所(当時)より移管)
2016年 三菱マテリアル(株)より株式会社ハヤカワカンパニーへ事業移管
2018年 菱栄金属タイランド設立
 

※日立金属株式会社 桶川工場(現在)

主な顧客

国内 サンデン株式会社
三菱ふそうトラック・バス株式会社
UDトラックスジャパン株式会社
株式会社クボタ
株式会社神崎高級工機製作所
株式会社IHIアグリテック
井関農機株式会社
ヤンマー株式会社
三菱自動車工業株式会社
株式会社豊田自動織機
小松フォークリフト株式会社
GKNドライブライントルクテクノロジー株式会社
株式会社エフ・シー・シー
株式会社ユニバンス
海外 DANA(米国/タイ)
米国FCC